忍者ブログ

[PR]

2017年10月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

四柱推命の基本思想

2009年02月13日
四柱推命は的中率が高いとものすごく評判の占い方法ですが、その基本思想は陰陽五行(いんようごぎょう)にあると言われています。

以下に陰陽五行について説明したいと思いますので参考にしてみてください。

【陰陽】
全ての事柄が「陰」と「陽」に分けることが出来るという考えが陰陽思想というものだと言います。「陰」と「陽」はお互いに相反するものです。相反するゆえに影響を与え合っているという考えからきているようです。

【五行】
五行思想の五行とは「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素から成り立っているものです。この5つの要素はお互いに影響し合っているものだと考えられています。
ではどういった影響の仕方をしているかと言うと以下に説明してみたいと思います。
「木」→燃える→「火」→生まれる→燃え尽きる→「土」→生まれる→凝る→「金」→生まれる→冷える→「水」→生まれる→「木」→育てる→燃える・・・。というようなお互いがお互いを必要として助け合っている関係性の影響の仕方と、「木」←養分を吸い取る←「土」←吸い取る←「水」←消す←「火」←溶かす←「金」←倒す←「木」・・・。というような奪い取る関係を持った影響の仕方と二通りに分類されると思います。
前者の助け合いの影響関係を「相称の関係」と呼び、後者の奪い取る影響関係のことを「相克の関係」というように呼ばれているようです。この助け合ったり、奪い合って消耗しあったりする関係のことを五行思想の考えというように考えられているようです。
PR
Trackback
トラックバックURL: