忍者ブログ

[PR]

2017年10月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

四柱推命の内容について

2009年02月13日
四柱推命という占いは中国で遥か昔から使われている運命学のひとつで、過去、現在、未来を予見することができます。

また陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)を基にして性格や能力、後天的な運命までも予見することができ、また的確に鑑定することが可能の占いです。

四柱推命は東洋占術の中ではかなり高い的中率を誇っており、占いの帝王とか言われているほどなのです。

占星術の運気の流れの見方と言うのはその人がどういう星に支配されているかによって推測されているものです。

ちょっと見てください。この「星」という字ですが、生まれた日と言うように作られています。
四柱推命では生まれた日、つまり星を4つの柱(『年柱(ねんちゅう)』『月柱(げっちゅう)』『日柱(にっちゅう)』『時柱(じちゅう)』)として見立てています。それによっていろいろなことを占う運命学として確立されている占いなのです。

実際に占いをしてもらうときですが、あまり自分が生まれた時間を性格に知っている人はあまりいないでしょうから、生年月日と占い師と話すことによって情報を得た占い師が考えた内容によって宿命とか運命とかを推測していくことが可能のようです。

この生年月日とそれぞれに該当する干支などを加えて60種類もの干支達が色々なメッセージを占い師に託し、示し、それの意味を解読して私たちに伝えてくれるものだと思います。

ざっと四柱推命について説明してみましたが、あまり考えすぎずに気楽にやってみてはいかがでしょうか。
PR
Trackback
トラックバックURL: