忍者ブログ

[PR]

2017年10月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

四柱推命と相性占いのこと

2009年02月13日
四柱推命は東洋五術という術の中のひとつである占術方法です。

その「東洋五術」と言うのは以下のような占術方法があります。

「命」→運命、宿命をみる占術方法
「卜」→易、八卦を使った占術方法
「相」→人相、手相、家相、風水、姓名判断などによる占術方法
「医」→東洋医学の考えに基づいた占術方法
「山」→気功、体操法などの占術方法

四柱推命は西洋占術と同じように宿命や運勢、運命などをみるために、「命」という五術に分類されます。
四柱推命での相性占いは4つの観点から判断をしていますが、これがかなりの的中率を誇っているらしいのです。

まずは陰陽のバランスについて鑑定するのですが、これは「氣」の強さが陰と陽で表されているもので、氣の強い人と優しい人が組み合えばベストなのだそうです。また氣が強い方が主導権を握るような感じになります。

次はバイオリズムのようなもので、運気の流れで鑑定します。リズムが合う時期だと何をやってもうまくいくし、合わない時期だと何をやってもうまくいかないということになります。

次は相性をみる男女間の絆の深さによって鑑定をします。

最後は恋愛星の関係性ですが、簡単に言うと星占いみたいな感じですね。
何座と何座が相性いいと言うような感じでお互いの恋愛星を判断して相性をみるという鑑定です。

この4つの鑑定の全てが相性良いと言われたらまさにその人が運命の人ではないでしょうか。

予断ですが、韓国では息子が結婚をするときに親が四柱推命で相性を占うという事が多いようです。
PR
Trackback
トラックバックURL: