忍者ブログ

[PR]

2017年10月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

四柱推命という占い

2009年02月13日
占いと一言でいっても星占いや0学占い、手相、姓名判断などさまざまな占いがありますが、その占いの中でも古い歴史があり的中率が高いのが中国の四柱推命という占いです。

四柱推命が中国で誕生したのは今から1500年ほど前だと言われていて、古代の中国では「帝王の運命学」と呼ばれていたようです。
そのうえ、戦争や政治で重要な判断をくださなければならなかった時に四柱推命が使われていたほど四柱推命は難解で的中率が高いと言われていたようです。

的中率が高いと言われているのは何故かというと、通常星占いとかは星座だけでみるために12種類にしか分かれていませんが、四柱推命は生まれた生年月日と時刻をもとにして判断するので、人の数だけ見方があると言うことになると思います。

四柱推命の目的としては起こりうる将来が吉の場合にはその吉をうまく活かしていくようにして、凶の場合にはそれを避けるように心がけるということが道しるべになっているようです。

四柱推命の根元的な考え方として陰陽五行という思想があります。
最初の陰陽は「いんよう」と読み、この世の全てのものごとには陰と陽があるという考えのものです。すべてにおいて陰と陽があるため、お互いに影響をし合っているという考えもあるそうです。

次に五行は「ごぎょう」と読み、この世の全てのものごとは「木・火・土・金・水」の5つのどれかに当てはまるという考えで、お互いに助け合ったり消耗しあったりして生きていくという考えのようです。
PR
Trackback
トラックバックURL: